さいたまの海

さいたまに海を作るべく立ち上げました。 試行錯誤の毎日です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レイアウト変更とアカネハナゴイ

ムコタマです。

更新が途絶えましが、イロイロやってます。

Vortechのポンプレビューは時間が出来た時に、APEXとの連動と併せてやりたいと思います。


◾︎レイアウト変更 2017.2.19
デバスズメ、ハタタテハゼ✖️2、カクレクマノミと立て続けに堕としたので水槽大半の水換えと底砂を少量抜きました。

ついでに懸念だったスカスカ感を少しでも無くすためにレイアウト変更を・・・・


ビフォー


アフター

左側が傾いちゃってる! 汗

手持ちのライブロックに穴あけ加工して、ナンチャッテコーラルブリードロックを追加しました。



真ん中の写真のようなリーマーがあると作業が捗ります。

テキトーにら穴あけしたところで、土台になりそうなライブロックをイョイスして追加しました。

しかし、穴あけ加工も寒空の下、急いでやったので穴が若干大きすぎた・・・・



◾︎配置転換 2017.2.19
ナンヨウハギ→60ワイド
カクレクマノミ→60ワイド
ブラックオセラリス→30センチハイキューブ
パウダーブルータン→30センチハイキューブ
バイカラードッティバック→30センチハイキューブ
こんな感じで配置転換しました。

30センチハイキューブにナンヨウハギはちょっと無理が生じてきたのと、新入りを虐めまくる、バイカラードッティバック&パウダーブルータンを隔離した感じになりました。


やはり、カクレクマノミとナンヨウハギはセットですよね?
ということで、ブラックオセラリスとカクレクマノミも入れ替えました。



◾︎アカネハナゴイの追加 2017.2.19
60ワイドに華を添えようと、アカネハナゴイを入海にさせました。

極近のアクアライズさんでは、インドキンギョハナダイも居て悩みましたが、粒餌の食いがよかったアカネハナゴイをチョイス。



華があるし、群れてくれる魚は良いですね~

心配だった入海による拒食ですが、元気に粒餌を食べたので一安心です。



◯サイズアップしたいなぁ・・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ





| 生体追加 | 08:11 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハタタテハゼ

ムコタマです。


マキさんがハタタテハゼ入れた!
と記事にしたからというわけではありませんが、ライブロックの入れ替えで水景も変わったことだし新しい魚でも入れてみようかな・・・・。

◾︎ハタタテハゼ入海 2017.1.14
やはり入れるならお気に入りの魚を・・・・
ということで、お値段もお手頃のハタタテハゼをB八さんでゲト。


この季節温度合わせは特に慎重に・・・・。


水合わせも終了し、水槽へタンクへ放流!


・・・・・・・・
・・・・
・・


ヤベェ、戦場になっちまった


特にパウダーブルータンがしつこく追いかけます・・・・。
バイカラードッティバックもシツコイ・・・・。


ものの数分でこのとおり

ヒレがバサバサ・・・・。

心理ストレスで餌も食べなくなったので、隔離することに。
でも、2匹も収容できるケースが無かったので、アクアライズさんへGo!

こういう時、近場にアクアマリン関連のお店があるのは助かります!


流石に隔離ケースそのものは無かったですが、産卵用の隔離ケースが500円で売られていたのでそれをゲト。

捕獲に手間取るかな? と思いましたが、難なく確保。
心身ともにダメージを受けたせいか動きも緩慢でした。

隔離後、程なくして落ち着いたせいか粒餌も食べるようになりました!
間に合ってよかった・・・・




隔離後1週間が経過しました。

ボロボロだったヒレも再生し始めています。
もうちょっと隔離が必要な感じなのですが、タンクへ放流してまた襲われないか心配です・・・・。


◾︎デバスズメ★に・・・・ 2016.1.21

入海して一年足らずの後輩デバスズメが亡くなりました。
水換え時に横たわるデバスズメを確認しました。

死因は定かではないですが、ライブロックの入れ替えで縄張り争いが勃発してダメージを受けたのかな?

気になるのは遺体に損傷。

内臓部分が食い破られた感じでしたが、そんな獰猛な生体は居ないはず・・・・。
エビやらヤドカリが遺体を食い漁っていたのかな?


◯来る者もいれば去る者も居ますね・・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ

| 生体追加 | 10:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ショウガサンゴとホンヤドカリ

ムコタマです。


この年末に突然動作を停止した、Tunzeの6040。
他のポンプを気持ち出力上げて対応していますが、修理や交換にしても暫く時間がかかりそうです。


この6040は、珍しくLSS輸入元の製品を購入したので、購入したB-BOXさんに相談したところ、メーカー(LSS)のサポートを受けられるとのこと。

ただし、メーカー送りになるので・・・・と。
長期入院が濃厚。゚(゚´Д`゚)゚。


サポートはありがたいけど、その間はポンプ無しになるので、オクでポンプのみをポチッとな。

庶民の味方のお馴染み中華製です。

コントローラとACアダプタは予備があったので、一先ずこれでしのぎます。



◾︎生体追加 2016.12.23
せっかく、B-BOXさんに来たんだから手ぶらで帰るのもな・・・・

と言うわけで、

ショウガをお買い上げ!

《和名》 ショウガサンゴ
《学名》Stylophora pistillata Esper,1797
    スティローフォラ・ピスティーラータ・エスパー,1797)

《分類》刺胞動物門>花虫綱>六放サンゴ亜綱>イシサンゴ目>ムカシサンゴ亜目
    >ハナヤサイサンゴ科>ショウガサンゴ属

《その他の区分》好日性サンゴ・ハードコーラル
《莢径》約1mm
《生息場所》礁池内~リーフ外縁・水深2~10m


●水質
デトが舞い続けるような状態は論外ですが、特段他のSPSに比べて特筆すべき注意点は無さそうです。

●照明
エネルギーの大部分を褐虫藻(光合成)に依存していまするようです。
メタハラが望ましいようですが、光量は控えめを好むそうです。

●水流
ポリプがなびく程度の水流ポンプが複数台、出来ればコントローラー(もちろん手動でもOK!)で片方向ずつ交代で水流を作ってあげるのが理想ですとのこと。
一般的なSPS水槽ならそれを満たしていそうですね。

●給餌
微細なプランクトンを捕食するそうなので、冷凍プランクトン類を1週間に1度程度給餌。又は天然海水での換水がお勧めとのこと・・・・
一先ずは、無給でやってみようと思います。


ハナヤサイサンゴ科のサンゴなんですね(^^;;
ただし、自然界では容易に増えますが非常に白化にも弱い事で有名・・・・
ミドリイシ科より忍耐力もないとのこと・・・・
果たして維持できるんだろうか。゚(゚´Д`゚)゚。


今まで、手を出そうと思っていましたが、お値段、大きさ、色合いで妥協できるモノは無かったので触手が動きませんでしたが、フラグとなったショウガが売られていたのでお持ち帰り。

写真はいつものいつものトリメン中の時のもの。


この時期はプラケースで放置するとみるみる温度が下がるので本水槽に浮かべながら沐浴。




深いピンクのショウガです。
この色を維持できるのだろうか・・・・
成長させることは出来るのだろうか・・・・


サンゴを入海させる度に思いますが、今までなんとか乗り切っていたし今回も大丈夫かな?


と、観察しているうちに、転げ落ちた・・・・
幸先悪いな。゚(゚´Д`゚)゚。

というわけで、フラグ用の穴をあけたLRにブスリと。

ちょっと光が不足してる感がありますが様子を見たいと思います。


後追加したのは、ヤドカリ✖️3
最近、太く硬いコケというか、海藻が生えて来たので生物兵器として招集。

定番の、エメクラ程活躍はしてくれないかもしれませんが、現状維持くらいは出来るかな?(^^;;


で、最後に全員集合!



そして、イチゴ様とトゲ様!



やはり、ZEOVitじょないと、仄かな色合いは出せないですね。゚(゚´Д`゚)゚。



◯苔や海藻だらけなのが・・・。゚(゚´Д`゚)゚。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ








| 生体追加 | 07:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DSゲット~!と水拝とウチの子

ムコタマです。


先々週の話ですが、DSをゲットしました!




えっ? 今更?


と、思う方もいるでしょう。



でも、ムコタマが手に入れた、DSは普通の、DSではありません!



どにゃさん・サンゴ


つまり、、DS



・・・・・・・・
・・・・
・・


尊敬するアクアリストの方から譲って頂ける機会がまさかムコタマに巡ってくるとは・・・・


嬉しい限りです。



どにゃさん サンゴ達 2016.8.26








全部で4個体頂きました!

一気に倍になりました!(^^;;


色あがりが悪いですが・・・・

と、仰られてましたが、良いんです。
そう言った機会を頂けたことも嬉しいですし。


写真は入海後1週間経過したサンゴ達ですが、至って健康なのがおわかりでしょうか?

ビンポケ写真になってしまってすみません・・・・。
状態の良さが伝えきれないもどかしさはありますが、ムコタマのサンゴに比べると、どれも幹が太いので存在感はバッチリ(^^


ホント、どにゃさん。

いつもありがとうございます!


実はコレだけでは無いのです・・・・。


水拝 2016.8.26
なんと、どにゃさん水槽を水拝する機会も頂けました。


至極のAMP水槽。
噂に聞く、サイレントタンク。
整理されたキャビネット内。
憧れのKR2灯。
市販品レベルのDBL(どにゃ バー ライト)。
特注のライトスタンド。
巧みな配管技術のベランダへのクーラー配管。
ダクトレールを使用したスポットライト。
彩鮮やかなサンゴ
意外にも大人しいクマノミ


ふぅ・・・・・・・・



次元が違う


まさにコレ。


水拝なんて無縁なアクアリウム生活を送っていたので、まさにサプライズ!

やはり、で経験することは貴重ですね。


ほんと、ありがとうございます。




ついでになりますが、ウチの子達も・・・・。
サンゴ達 2016.09.04

トゲは成長スイッチ全開です!
ちょっと色が揚がりすぎてるのは、照明か栄養塩の高さかな?



なんか、エロイ形のサンゴが被ってますが、奥の紺色のウエスダ?です。
抹茶色イシからようやく本来の色になりかけてきた?



ユビは入海当初から絶好調をキープ。
新芽も出てますし、発色も良いのでお気に入りです(^^



茶色イシなハイマツです。
ポリプのモサモサを見る限り調子は良さそうですが、色が残念な感じです・・・・。



ストロベリーショートケーキ様。

ポリプのプツプツだけで無く、幹の部分もピンクに(つД`)ノ
光が強すぎるか、本来必要な光だけに絞りたいですところです・・・・。



魚達 2016.09.04
魚の方も・・・・。
カメラを構えると隠れちゃう個体が多いです(つД`)ノ


パウダーブルータンは常に白点のポツポツが出てますが元気です(^^
他の生体に影響も出てないので、とりあえずこのまま様子見。


久々のフレームです。
模様と赤みが残念な子ですがお気に入りです(^^



チビなブラックオセラリス。
マッシュ、ガイア、オルテガの黒い三連星で飼育してますが、この子だけチビサイズです。(^^;;
他の2個体はペア化?してるのでハブられてる感じが・・・・(つД`)ノ


ブラックオセラリスのペアです。
大きさが近似してるので、実際にペア化してるかは謎です。(^^;;


ハイキューブのナンヨウハギとカクレクマノミです。
言わずと知れた、ファインディング○○な世界です(^^;;

子供達やその親には鉄板な組み合わせですね(^^;;



◯灯具変える必要無いかも・・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ












| 生体追加 | 08:39 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入海ラッシュ第5弾! ストロベリーショートケーキ

ムコタマです。

入海ラッシュもココで打ち止めです

入海は随分前で記事も大方書いていたんですが・・・
決してPokemon GO!にハマっていたわけではありません タブン


ストロベリーショートケーキ 2017.07.16
フィナーレを飾るのは、数多のSPSブリーダーを虜にするSPS。
ストロベリーショートケーキです。


「おい、ムコタマ、いきなりハードル上げたな?」


と、ツッコまれそうですが、淡いピンクの存在感は一度見たら虜にされますよね?


でも、立派な個体は諭吉さんが飛ぶし、飼育難度も高い個体なので諦めていたんですが、フラグ個体が目に止まりアクアギフトさんでポチッとな。(^^;;


で、早速トリメン!


なるべく枝分かれしている個体を選びました(^^;;

もし、不調になっても他の枝が無事なら再度フラグに出来るしね(^^;;
失敗前提で個体選びとは情けない話ですが w





恒例のトリメン中のお勉強。
(買う前に調べろ!と、天の声が・・・・)




が、この種だけでカテゴライズされた記事を見つけることができませんでした(^^;;


まぁ、基本は他のSPSと同様だと思います。( ;´Д`)
とりわけ、この個体は、

・オーストラリア原産
・UV照射が良いらしい
・とにかく難しいらしい
・色が揚がり過ぎることもある


調べてわかったことはこのくらいですかねぇ。



トリメンが終わったので、メイン水槽にドボン。

真っ白な地肌に薄っすらピンク色の突起がある個体でした。


さすがにポリプ全開とまではいきませんが、ポツリポツリと出始めているので心配無いかな?(^^;;



と、地面に直置き?と思えるような場所ですが・・・・

塩ビパイプの上です(^^;;
しかも、底面にから数センチ!


水面に近いところに置いて、ギラギラのフルスベLEDを当てて浴びせたいところですが、プラグホルダーが無かった・・・・(つД`)ノ



じゃ自作ね!



手持ちのデスロックをドリルで・・・・

記事は後ほどw



作成したのはいいものの、このデスロックは塩の空バケツに密封して保管していたので、蓋を開けたとたん、腐った魚のように強烈な臭いを放っていました・・・・



まさに、死を感じる臭いと格闘しながら作業しましたよ・・・・



変わり映えがしないですが住人とのコラボ。

1日経過した写真ですが、悪くは無い感じ。
小さいポリプがポツポツでています。


底砂からわずか数センチというところに置いてあるので、イロイロ影響を受けるかもしれませんが、一先ず初日の山は越しました(^^;;



最近お気に入りの太陽光フルスベ! w

LEDの色で味付けされたサンゴもキレイですが、太陽光で照らされたサンゴもいい感じです(^^

やはりナチュラルな姿も見応えありますね~


これからも大事に育てていこうと思います。

◯次はプラグ土台作成記!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ










| 生体追加 | 07:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT