さいたまの海

さいたまに海を作るべく立ち上げました。 試行錯誤の毎日です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Cafe de Roseさん

ムコタマです。

先週金曜日に、日本のリーフキーパーなら誰でも1度は行きたいと思うだろう、Cafe de Roseさんに行って来ました!


平日の開店直後だけあって独占できました w

◾︎Cafe de Roseさん 2017.3.10
多くを語る必要がないので、絶景だけをお伝えしますね!








まだまだ、撮り溜めは有りますけど、お店でご確認ください♪

ホント、圧倒されますよ!


◯我が水槽の飼育水もTritonに出したけど・・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ

| 生体観察 | 07:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いろいろ不調

ムコタマです。


いろいろ不調です。
なんか、負の連鎖の入り口付近に居るようでこれからが心配です。


◾︎ハタタテハゼ逝く
隔離していたハタタテハゼが逝きました。
ハタタテハゼを立て続けに堕としたのは正直ショックです。

自分への戒めとして原因を書いておきます。


先に堕としたハタタテハゼと全く同じくパターンで堕としました。

パウダーブルータンとバイカラードッティバックにど突かれる

追いかけ増された挙句、ブラックオセラリスのテリトリーに逃げ込み、ブラックオセラリスに突かれる

またパウダーブルータンが追いかけ始める

コレのループですね。


消灯後にリリースを試みましたが、翌朝にはボロボロの姿で水面上付近を意識朦朧状態でホバリング。


もはやは手はないので週末にショップに引き取って貰おうと思いましたが、またもやビブリオに感染してしまいました。

こりゃ前回の反省全く活かしきれてない。
ダメなアクアリストの見本ですね。
ホント、力量の無さというか、浅はかさに自分のことながら飽きれております・・・・。



◾︎ビブリオ対策
こうもあっさりとビブリオに感染するということは、タンク内はかなり危険な状態だということ。
他の魚もビブリオに感染するリスクはあるはずだしなんとか対策をしないと・・・・


・AZ-NO3の添加をやめる
AZ-NO3を添加し栄養塩を抑えていましたが、コレがビブリオを増やす原因になったのではないかと。
バクテリアの餌とも言える添加剤なのでビブリオ他の悪玉菌の餌にもなってしまいます。


・ヨウ素の添加
白点が多かった時期にヨウ素殺菌ドームを使用していたのでコレを試してみようと思います。
ただ、欠品が続いているので、生産終了品なのかな?


・水流ポンプの調整
底砂がえぐれるぐらい当てているわけではありませんが、多少当たる程度にしていますが、底砂に堆積している菌の舞い上がりを極力避けられる程度にしたいと思います。


ビブリオ対策はこれの他思い付きません。
今いる魚もビブリオにかかるようであれば、フルリセットかなぁ・・・・。


◾︎どにゃさんサンゴ、ハゲる!

どにゃさんから頂いたサンゴですが、部分的にポリプが剥がれ禿げてしまいました。

原因なんだろう・・・・
全く心当たりがありません。

水流はある程度確保できていたと思うし、照明もそれなりに当たっていたはず・・・・


うーん、はなちゃんパパさんも白化に悩まされていますが、さいたまの海も白化祭り⁈


なんとかしたいけど、原因が特定出来ないと有効な対処はできないですからねぇ・・・・
下手に弄ると水槽内の均衡が崩れかねないですしどうしたものか・・・・


◯どにゃさん! 禿げちゃってごめんなさい・・・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ











| 生体観察 | 09:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016.12月の水景

ムコタマです。

しばらくというか・・・・

全く生体の記事が無い


状態が続いていますが、生体は全て無事です。


と言うか、魚を入れたくても飽和状態だし、サンゴを入れたくても・・・・


って、話題がループしている様な気がする!:(;゙゚'ω゚'):


まぁ、ムコタマなりに頑張って世話してる生体を久々に紹介します。


●トゲサンゴ(トンガ産)
 2016.2月頃

 2016.12月


色が濃くなりつつも成長著しい!
チャームポイントの先端ライムもいい感じを取り戻しつつあります!
と、思いたいっ!


●ストロベリーショートケーキ
 2016.7月頃


 2016.12月

よく言えば揚がった・・・・
すみません、焦げてますね:(;゙゚'ω゚'):
見るからに色が毒々しい・・・・

なんかこう、淡いピンク色がどピンクに・・・・
照明が強すぎなんでしょうか?
リン酸塩も高いのがマズい気もするし・・・・
心当たりが多すぎてこれ以上同種を入れる勇気がありません(^^;;


●どにゃさんから頂いたサンゴ
2016.8月頃





なんとか青さをキープできているのかな?
光を満遍なく当てたいと思いますが、中々設置場所が決まらずジプシーモードで試行錯誤しています。

緑色のはなんだろ?
種はよくわかりませんが、先端がパープルになりつつ・・・・。
よく見ると成長してますね~




●ユビ系
2015.11月

2016.12

ちょうど一年くらいたちますが、成長モリモリ(*´∇`*)
もう、どれが最初の幹か見分けがつきません(^^;;
ポリプも、モサモサ出てるし1番好調を維持できていますね。



●その他

それと、このサンゴ。
もうダメかと思いながら飼育していたんですが、復活の兆し?
色も濃くなって先端も仄かなパープルで成長を伺えるので、復活してくれれば良いなぁ。


これも、なんとか維持?
一回り痩けた感じもしますが気にしないっ!( ; ; )
なぜか、ブラックオセラリス(小)の溜まり場になってます(^^;;



カクレも元気いっぱい!
って、元気がありすぎてLPSのフラグを蹴散らかしてくれます( ; ; )
手に余るのでいつかは・・・・
と、思いつつも初期メンバーなので強行手段も取れず(^^;;

まぁ、ニモの影響あってかアイドル性は高いのハイキューブ連結水槽の主に君臨し続けるでしょう。


●水景
2015.11月




去年はスカスカですね(^^;;
今はライブロックがありすぎるのでもうちょっと整理したいと思いますが、中々外回りが終わらないのでいつになることやら・・・・。

それと、今までフラグなサンゴばかりを狙っていましたが、大きめなワイルドタイプを入れてみようかなぁ~とも。
環境は整いつつあるのでようやく中身に集中できそうです。



◯昨日、Tunze6040のインペラーが天に召されました・・・( ; ; )


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ









| 生体観察 | 08:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水景 2016.07

ムコタマです。


前回、FlashAirをゲトしてデジイチ撮影の苦行がを払拭できました!


さて、久しぶりにさいたまの海を撮ってみまかねぇ・・・・。

◼︎さいたまの海水景 2016.07

先ず全体をパシャリ。

全体的に、良くも無く悪くも無くといったところですかねぇ。
苔地獄では無くなったものの、未だうっすら生える苔に悩まされています。



ブリードミドリイシをパシャリ。

茶イロイシが少し揚がった感じでしょうか?
大部分を茶色が占めていました、薄紫色部分が増えてきたように思います。

どにゃさんに直してもらったLEDに照らされて本来の色が出てきたのかな?




オヤユビミドリイシをパシャリ

根元の地肌が気になりますが、ベース部分から新たなユピが顔を覗かせています。
このまま順調にいってほしいなぁ。




ウエスダをパシャリ

若干前傾姿勢に傾いている!
手直しが必要ですね・・・・(つД`)ノ
根元がやや白化してますが、進行は治まった感じ?
成長は緩やで劇的変化は無いですねぇ。




スギと思わしきミドリイシをパシャリ

コイツは横に広がって伸びてる点を除けば良個体です。
蛍光緑の色合いがとても綺麗でお気に入りです。



トゲ(トンガ産)をパシャリ

ん~一進一退・・・・
入会当時のキレイさは何処へ?
淡いピンクは日増しに濃くなり、ライムグリーンの先端は苔まみれに。
でも、トゲは一番最初に入れたSPSということもあってお気に入りなんですが、自分の思いとは真反対な現状に・・・・(つД`)ノ



マメスナをパシャリ

隣の海藻は気にしない・・・・
ってことが出来ないくらいモッサリ生えてますね(^^;;
週末取り出して伐採しようかなぁ。



目の前でホバリング中のデバスズメダイをパシャリ

立ち上げ初期から生き抜いているのが奥のデバスズメダイ。
手前は、何代目だろ・・・・
記憶を辿れば、6代目の相棒です(^^;;
定番の魚ですが、やはりキレイですね。
なんというか、この安定感は凄い。
もうちょっと数を増やしたいですけど、流石に60センチワイドではムリです。



褐色に撮れてますが、ライムグリーンのハナガサをパシャリ

ブラックオセラリスがお楽しみ中ですね・・・・。
もう、イソギンチャクを入れようとは思わないので、ハナガサで満足してくれと。

ブラックオセラリスは三連星(マッシュ、ガイア、オルテガ)ですが、ハナガサは大2匹が占領状態です。
ハブられた小は付かず離れずの距離を常にホバリング。
不憫だなぁ。



連結30センチハイキューブをパシャリ


そういえば、いつも真っ青に映るので、アップした事が無い全景です。
デジイチのホワイトバランスでらなんとか見えるかな・・・・

さらに追い討ちをかけるように、3WのLED2発構成のうち1つが不点灯になったので、3W照明下での撮影です。

不点灯になったのLEDは、どにゃさんにリペア&素子交換をお願い(いつもスミマセン。)しているのでまた、撮影し直します。


1本奥のデカイのはウミキノコ(20センチ級)
カクレクマノミがモフってるのが、ピンクのハナガサ
その手前にはナガレハナサンゴ(ブランチタイプ)
右にいってオオバナサンゴ
その右はマメスナ(フラグ個体)
さらに右にはスターポリプ

水流ポンプはJebaoのRW-4を間欠運転モードです。

LRはリーフセメントで固定していますが、接合部や作成工程をアップする予定だった・・・・(^^;;





最近ハマっているマメスナをパシャリ

連結水槽には2種入れてますが、リーフセメントでLRを固定してマメスナ畑を作成中です。
まだ、若干空きがありますので、里子を受付中です w


と、デジイチで撮った割にはさほどキレイではありませんが、鑑賞に耐えられましたでしょうか?(^^;;



◯嗚呼、早く本物の海に行きたい・・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ




| 生体観察 | 01:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たまには上から

暑いですねぇ・・・・
ホント、今年は梅雨って感じがしませんね( ;´Д`)

我が埼玉の水瓶、利根川上流付近のダムが干からびるのも時間の問題?

週末恒例の水換えも控えなくちゃならないかな(^^;;



世間では、ドローンが映像革新を与え、空撮ブームですよねぇ。
私は所有していませんが、機会があったら飛ばしてみたいなぁ・・・・


というわけで、たまには上から写真を撮ってみました。



※以下で紹介するサンゴ名前が間違っていたら教えてください(^^;;

◼︎ウエスダとユビ2016.07.02



茶色と青が混じってるのは、ウエスダ?です。

入海直後


入海後5ヶ月

お店で見た時は、青くて綺麗だなぁと思ってゲトしたんですが、みるみる茶褐色に・・・・(つД`)ノ

やはり、栄養塩天国期間が長かったのが原因でしょうか・・・・
よく見ると、茶色く溶けているようにも見えます。

残念ながら取り出すか・・・・と、
思うこともありますが、もしかしたら? があり得るかと思い、残し続けています(^^;;




ユビ系です。
このサンゴも、光が当たっていないところや、地肌?が茶褐色ですね・・・・。(つД`)ノ

光が当たってるところは、黄色が濃く出て丈夫さが伺えます。

入海当時はこんな感じ。


入海7ヶ月後


全体的に成長してて、まぁまぁ良い感じ?
土台いっぱいに勢力を伸ばしていて、新たな指も生え始めています。

1年後にはどうなっているんだろうなあ




◼︎スギ系とトゲ2016.07.02


緑の個体はスギ系

この個体は成長著しいです(^^;;

入海当時


入海後7ヶ月

なぜか真横に伸び始めましたが、色や見た目的にはは全く問題なし!
真横に伸びるのは水流が強すぎ?
微妙な成長となっていますが、うちのSPSの中では一番成長しているサンゴです。



ピンク色の個体はトゲ(トンガ産)です。
入海当時


6ヶ月後

小さい写真ですみません(つД`)ノ

この個体は、か細い枝とライムグリーンな先端が奇麗だのなと思い、ゲトしたんですが・・・・

苔まみれになるは、先端がやや白化するはで見るも無残な姿に(つД`)ノ

トゲって難しいんですかねぇ
コレで2個体目なんですが、初代は苔まみれになって取り出した事もあり、今後が心配なサンゴです(^^;;


◼︎ウエスダとスギ2016.07.02


照明が反射して見辛くてすみません(つД`)ノ

左側の青紫の個体はウエスダ?です。

ベースが紫で、ポリプは茶褐色。
ぽりぷの色がアレな感じもしますが、ベースの色が気に入って購入。
入海直後


入海後7ヶ月


一部白化してますね・・・・
どうも青系のSPSは弱い傾向にあるような。
成長も微々たる量ですし、色によって成長速度って変わるのかな?

そろそろ限界かな?と、思いつつ、復活に期待中(^^;;


手前の緑色の個体はスギ系です。

コレは、先に紹介したスギのフラグです(^^;;
掃除の際にポキンとやってしまった為、適当なLRに接着剤で固定したものです。

親の個体ほど最長スイッチが入っていないようで、フラグ化した時の大きさのまま変わらない感じです。



◼︎ハイマツ 2016.07.02

ハイマツです。

SPSを始める際に、ボリプの出が一番目立つ種を入れて、水槽全体のバロメーターにすべく入海させた個体です。
入海直後



この個体も成長していませんねぇ(^^;;

一回りくらいの成長ですが、なんとか維持できている感じ。
ポリプは当初白色でしたが、ライムグリーンに変化?
こんなことってあるのか?(^^;;


◼︎ヒメシャコガイ 2016.07.02


コイツのヤバさは折り紙付き。
上から撮影したのは、ヒメシャコガイが一番綺麗に見えるショットだからとも w



◼︎太陽光 2016.07.02


カーテンオープン直後、右手から差し込む太陽光での写真です。

照明で誤魔化しきれないありのままの姿です。

やはり、白化やボリプのハゲが目立ちますよねぇ・・・・

コレ、なんとかならんのかな?
調子が上がってくれば、ハゲを覆い尽くすかな?と、淡い下心で置いていますが・・・・

やはり、そう簡単にはいかないものなのかな・・・・。



あと、総じて言えるのが、正面が暗いこと。
鑑賞側となる正面がとても暗く感じます。

事実、正面側の成長はあまりよろしく無いし。

なんとかしたいっ! と思いますが、サンゴを追加する機会があるので、スポットの追加やシステムライトの増強は入れた個体と相性が良い色合いの物を選びたいし・・・・。


どうしよう・・・・



◯入れてるサンゴの彩りも似通ってるから違うものを・・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ













| 生体観察 | 12:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT