さいたまの海

さいたまに海を作るべく立ち上げました。 試行錯誤の毎日です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

近況(水質)2016.10

ムコタマです。

更新が滞ってしまいました・・・・。

タンクの状態は好調をキープしております(^^


故に書くネタにも乏しく・・・




ここは一発新たな機材を投入!
と言う状況でもないんですよね。
魅力的な商品は出ていることは出ていますが、コレを待っていたんだ!

と言う状況でも無いですし。



と言うわけで、久しぶりの水質状況から。

■水質状況 2016.10.19
●KH

高すぎたKHを7程度に落としてみました。
と言っても、落ちたが正解かもしれませんが。

やっていることは普段から変わりはないんですが、サンゴの個体が増えたからかな?

どにゃさんからサンゴを4体ほど分けて頂いたのと、バルーンコーラルくらいしか入れてないんですけどね。

個体に合わせて、供給を増やさなかったので恐らく消費が多くなったと言うことでしょうか。

しばらく様子を見ようと思いますが、まだ下降傾向なら投薬量を増やそうと思います。


●リン酸塩

全く減りません(^^;;
換水しても中々落ちてくれないのは、残餌が多いか、底砂が汚れすぎてるかのどちらかでしょう。

餌は、シュアーSとメガバイト海藻 SとM メガバイトの赤Sをブレンドして与えてます。

これらは給餌の際には計量カップに入れて海水に馴染ませてからスポイトで与えています。

水面に浮かべるよりロスは少ないだろうと思いますが、水を含ませた時点で微妙に溶けてそれがリン酸塩なっているのかな?

今度、餌の戻し汁のリン酸塩を測って見ようと思います。


底砂は今週末にでも掃除をしてみようと思います。



●硝酸塩

中々下がらなかった硝酸塩ですが、ここのところ0をキープ。

下げようとアレコレやっていたのがなんだったんだろう・・・・。

唯一やってることといえば、ZeoBAKとAZ-NO3(適量の三分の一ほど)を投入しています。

完全にナチュラルシステムと言えないのが心残りですが、計測値に一喜一憂するのもバカらしく思えたので、この投薬は続けようと思います。



●カルシウム

480位がさいたまの海には合っている様な気もしますが、まぁ危険域と言うわけでもないのでこのまま維持しようと思います。

最近やや低くなっているのは恐らく、KHと同じ理由だと思います。

サンゴ自体に影響は出ていないので尚も下がり続ける様であれば投薬の量を増やそうと思います。




これまで書いてきたとおり、多少気になる点が無いわけでは無いですが、サンゴも魚もいたって元気。
この状況だと、環境を変えてしまいかねない設備の追加は自重すべきかな。

でも懸念が無いわけでは・・・・



■設備変更を検討 2016.10.19
そんな中、水流ポンプ(Jebao RW4)のコントローラーがお亡くなりに・・・・
コレが引き金で、バランスが崩れなきゃ良いけど(^^;;


早いところコントローラーを調達すれば良いのですが、これを機にVortecも良いかな?なんてね・・・・。

でも、お値段が3倍以上と言うのが・・・・(^^;;


それと懸念がもう1つ。
サンプ(濾過層)です。

半年ほど前にサンプを交換したんですが、高さが40センチ以上あるので、スキマーカップを取り出すのが一苦労。

横幅50センチと希望どおりだったので飛びついたんですが、高さがネックになるとは・・・・。


このサンプの高さがネックで、スキマーカップの掃除やメンテが億劫になっているので、背の低いサンプを探していたんですが、オクで手頃なものを見つけたのでポチっとな。(何処かで見かけた物でしたけど)


手元には届いているので、季節柄クーラー取り外しも間近なことからそれに合わせて鬼門のサンプ周りを改めたいと思います。


◯水流ポンプどうしよう・・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ
















| 水質測定 | 08:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水質測定

ムコタマです。

”うす塩”対策というか、”基本の濃度”となったさいたまの海。
定例の水質測定結果を・・・・・

今回は、Toriton水質検査後から・・・・

■水質測定
20150905.jpg

・pH
 相変わらずというか、安定の7台後半ですね。
 Tritonの検査からわかったことは、”何かが偏ってpHに易経を与えているわけではない
 まぁ、Toritonの結果のみで全ての含有物を計測しているわけではないので断定は出来ませんけど、
 アレコレ手を出すより、”何でこういう状態に陥っているのか”を把握しないと、的を得た対策は練られません。
 
 で、前回触れたとおり、”一日の変動は?”、”最低pHは?”を知りたいと思い、一日のLOGを蓄積できる機器を探していましたが、中々見つからないものです・・・・


やはり、ハードルは高いですが”Apex”しかないか?
ということで、早速発注。 無事ゲットし、現在アレヤコレヤト設定しております。
(無論pH計測のために購入したわけではなく、他にも動機があります)

で、話をpHに戻します。
Apexで計測したpHが下表です。
2015pHORP
この結果を見ると最低pHは、驚きの”7.5”(@@;
変動は消灯となる0:30から下がり続けて、ピークは点灯開始の11時30分。
きっちり結果が出てますね汗
気になっていた”1日の変動幅”ですが、0.3前後と思った以上に差はないようです。


いろいろ結果というか、現状はわかったものの、”根本的な原因発見”には至っていません。
この原因は水槽にあるのか? 外的環境にあるのか?


コレを見るために、次に試したのコレ。
IMG_5621.jpg

計量カップに少量の飼育水入れて、エアレーションしつつ計量カップをサンプに浮かべ、このカップの飼育水がどう変化していくか測定してみることにしました。



もし、外的要因でpHが下がっているならこの環境でも下がるはずですし。
pHを維持できていれば、飼育環境内での影響ということになります。

この環境で1週間ほど様子を見てみたいと思います。


・KH
20150906KH.png

RED SEAのReef Fundation Bの添加をやめてから、やや低い値となっています。
問題の切り分けとしてハーフリセット(全換水)後、無添加でいましたが、そろそろイエローシグナルと、
思い、今週から規定量の半分を添加することにしました。


この添加剤は、下がったKHを上昇させるバッファー剤です。
(添加する時は、きちんとKHを把握し適量を見定めないと、ただ規定量だけを添加し続けると、イオンバランスが崩れます。)
KHの計測結果により、適値となったら添加量を減らしていこうと思います。


・PO4
20150906O4.png
8月の下旬から上昇しています。
これといって思い当たる節といえば、餌を多めに与えたことかもしれません。

この時期は外出することが多く、餌を多めに与えていたり、Apexからの自動給餌を試みたりで、過剰に与えていた時期ですが、
換水しても、中々下がりません。
そこで、バイオペレットリアクター&バイオペレットを見直すことに。


現在、さいたまの海では、All In Oneというバイオペレットを使用しています。

うたい文句が、”従来品と比較してNO3×3、PO4×10倍の効率を実現したペレット!!
と、ありますが半年使用した感じでは???な結果に。

そこで、以前使用して余っていた”Phos Balls”を25cc程追加してみることに。

BPの効果は、じわじわ出てくるといいますが、コレが引き金になったのか徐々にリン酸塩と硝酸塩が下がり始めました!
これも、継続的に調整したいと思います。
IMG_5623.jpg
(稼働状況はこんな感じ)



・NO3
20150906No3.png
硝酸塩もじわじわ上がっています・・・・
やはり餌が過剰なんですかねぇ・・・
それとも、生体が育ってきて飽和状態?、スキマーの性能不足?
いろいろ考えられますが、リン酸塩の項で書いたとおり、”Phos Balls”の効果が期待できそうです。
9月の週にBPを増量したのですが、その影響か徐々に硝酸塩も減り始めています。
から、期待することとします。(^^;;


CA、Mg
SPSメインとなっていないため、参考程度にと考えます。
全換水後、不安定な状況に陥らなくなったので、このままカルクワッサーは当分封印で良いでしょう。



○Apexの記事はそのうちに・・・・;


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ










| 水質測定 | 12:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水質測定&サンプの掃除

ムコタマです。


とうとう、来ましたよ。 この日が。



なにがって?



そう。 誰もが夢見るあの値がゼロになったんですよヽ(;▽;)ノ



◾︎水質測定

とうとう、硝酸塩リン酸塩がゼロになりました!

まぁ、誤検出って事もあると思いますが、二回計測してゼロだったんで多分ゼロになったんでしょう。


でも、これといって何かした訳じゃ無いんですよね。
普通に換水して、1日置いた後検査しても、0.19ありましたし。


変わった事と言えば、試薬が無くなったんで新しい試薬を使ったくらいです。


まぁ、うかれるのもこの辺にしておきますかね。


問題は維持出来るかですから。



◾︎サンプの掃除
頻度が高いようですが、サンプの掃除をしました。

BPを回してるのでどうしてもサンプにBPカスが溜まりがち。
見た目も良く無いし、なんとなく何かの温床になっていたら嫌ですし・・・・(^^;;
それと、今回サンプをキャビネットから取り出したかった理由は、防音対策をとりたかったから。




水槽からサンプヘ水が落ちてくる以上、落水音はゼロには出来ません。


けど、工夫次第で限りなくゼロにする事は出来そうで、はなちゃんぱぱさんがやられているような、バックプレッシャーが有用だと思います。

事実、レッドシーの最新水槽のRefferも同様な手法で落水音対策をしています。

(B-BOXさんから拝借)



でも、ムコタマは雑で不器用なので排水と給水のバランス取りに失敗しそうです。ヽ(;▽;)ノ



なら、音はそのままで、キャビネットに防音、吸音対策を施してみようかと。
『聴こえなければどうという事は無い』





というわけで・・・・

◾︎キャビネット内静穏化対策①

・コーキングガン



・シリコン



これらを近くのホームセンターでゲトして、キャビネットの隙間を埋めます。



無論、空気の流れが遮断されるのでカビる可能性が大。


リスクはある程度織り込み済みでいざ施工。



マスキングもしないで盛った上に、パテで整形してないので汚いですが、埋まれば良いのだ・・・・扉を閉めちゃえば見えませんし。(^^;;


四方の隙間をコーキングして第一工程は終了。

後はキャビネットの裏に板貼ったりと、工作を伴うので次週に~



※その他※
マメスナをナンヨウハギが落としまくるので、ライブロックに固定してみました・・・・

落とされまくって調子が落ちていたんで少しでも回復してくれれば良いなと(つД`)ノ



◯吸音と防音、どっちが良いんだろ?(つД`)ノ


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ

| 水質測定 | 23:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水質向上計画

ムコタマです。


そろそろ安定期に入ったベルリン。

テコ入れしてみるぞ~ってことで。


◾︎水質検査


リン酸塩と硝酸塩が中々下がらないなぁ・・・・
まぁ、餌をかなりふんだんに与えている上、60センチ水槽にしては生体が多すぎなのかも(^^;;


でも、やっぱり低栄養塩環境って憧れですよね?


というわけで、目減りしてきたBPをちょっと増量気味&少々激しく回してみることに。


数週間後、効果が現れてるといいなぁ。(^^;;


◾︎KHとCa

さいたまの海は、多いと言えるほどサンゴは入れていませんが、KHの値が低い時期がありました。



以前は、アラガミルクを添加していましたが、うずまきゴカイが増えすぎて・・・・(つД`)ノ
でも、添加しないとKHが・・・・


で、悩んでいたところ、コレを見つけて早速ゲト。

レッドシーのリーフファンデーションBです。

これは、KHの安定化をメインとした添加剤。
1ml添加すれば100リットルあたり0.1dKH上げてくれるというもの。
コレをゴールデンウイーク頃から添加し始めました。

これにより、ちょっと急激ですが、上昇させることに成功。


合わせて、カルシウム水溶液(カルクワッサー)の添加も開始しました。


気持ち、トゲの成長が良くなったかな?(^^;;



まぁ、根元真っ黒で白化もし始めていてるトゲなんで、今更手を加えても・・・・


という代物ですが、出来る限りの事はしたいものです。



◾︎リムフォシスティス

最近、気温が急上昇。
隔離水槽はクーラー無しなので、無処置だと27度を超える環境。


これはもう、隔離してケアする環境とは言えません・・・・
でも、まだ付いてるしな・・・・



しばし悩みましたが、連結水槽に戻すことにしました。


病気が酷くならないことと、他の魚に影響出なきゃいいな・・・・(つД`)ノ


◯カルシウムリアクターが欲しくなってきました(つД`)ノ


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ








| 水質測定 | 08:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水質測定と魚のその後

ムコタマです。


ベルリン化→BPリアクター追加→魚追加
と、一週間毎に変えていったさいたまの海


というわけで、ドキドキの水質測定です!


◾︎水質測定


【pH】
横ばいですね・・・・
春が待ち遠しいですヽ(;▽;)ノ


【KH】
アラガミルクを添加しても中々上がってきません。
コレはサンゴを増やしたことによる影響なのか、それとも、水槽移行が関係しているのか見極めが難しいです。

前回の換水記事にも書きましたが、pHに比例するそうなので真冬に突入した今ぐらいは仕方ないのかな・・・・


【PO4】
換水後に上昇したPO4・・・・
おそらく、パウダー砂を抜こうと底砂の最深部をかき回して、デトを撒き散らしたせいかもです・・・・ヽ(;▽;)ノ
幸い、硫化水素発生まで熟していなかったので事なきを得ましたが・・・・(^^;;


【NO3】
安定したと言えるのかな・・・・
重度の濃度でもないのでこのままで良いかなと。
BPリアクターが馴染んでくれば下がれば良いなぁ


【Ca】
今回は未検査です。



◾︎チェルブのその後


チェルブは、アクアライズさんで購入しました。
ブログ等で餌付けやら、食害など目にしてた魚だったので維持できるかなと思いましたが、アクアライズさんとこで、乾燥餌を摘んで居たので同じものをゲト。

この餌は、臭いが強烈だし、このチェルブの口の大きさだとSがちょうど良いとのこと。

早速、ポチッとな。

◾︎メガバイト グリーン S


アドバイスどおり、食いつきは良いです・・・・
でも、高いっヽ(;▽;)ノ


底砂を巻き上げたりしちゃいましたが、白点も出ず一安心(つД`)ノ




◾︎ルリスズメのその後

コイツらは、デバ並みに丈夫なので不安は無かったですが、喧嘩っ早いことで有名です・・・・

さいたまの海でも案の定・・・・

わかり難いと思いますが、横っ腹目掛けてロックオンしてます・・・・( ;´Д`)

先が思いやれます・・・・ヽ(;▽;)ノ



↓ライブロック追加しなきゃ・・・・!↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

海水魚 ブログランキングへ

| 水質測定 | 15:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT