さいたまの海

さいたまに海を作るべく立ち上げました。 試行錯誤の毎日です。

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FMM(流量計センサー)

ムコタマです。


サイズアップ記事も目立った進捗はないので、入手済みの流量計について。


■FMM 2017.04.16
以前記事にしたとおり、APEXの拡張モジュールであるFMMをゲトしております。

おさらいの意味でもう一度簡単にFMMを説明すると、APEXの拡張モジュールとして機能し、流量計センサー、水漏れセンサー、光学式水位センサーを繋ぐ事が出来ます。
さらにAC端子に24VACアダブターを繋ぐと、電磁弁や小型ポンプを接続する事が出来ます。


今回は流量計センサーを試験的に取り付けたので記事にしたいと思います。


■FMM (水量センサー)2017.04.16
モノはこんな感じ。

今回は水量センサーキットを買ったので、1インチタイプのセンサーと1/2インチタイプのセンサー2つがセットなっています。

日本の塩ビ管に置き換えると、13Aタイプと25Aタイプになるのかな。
勿論規格が違うので日本の塩ビ管はそのままつける事が出来ません。

なので、CORENTEのユニオンを流用して接続するか、口径にあった水栓ソケットを使用することになります。
1/2インチは13Aないし、16Aの水栓ソケットが、1インチは25Aの水栓ソケットがピッタリ合います。

海外のフォーラムでは水漏れ報告が出ているのでシールテープは必須になります。


今回は仮組なので、そこまで丁寧にはやらずただ差し込んだだけのテストです。


ちゃちゃっと組んでみました。

オール13A環境で、揚水ポンプは庶民の味方JebaoのDC1000、
果たしてどんな結果になることやら・・・・。




いざ、スイッチオン!



あれれれ?
揚程40センチもないのに毎時533リットル??
嘘でしょ?
計測した数値が正しければ、単純な配管でも半分くらいのスペックです。

Jebaoが非力なのかセンサー部分でのロスが大きのかは定かではありません。
また、Uの字に曲げた配管も抵抗が大きくなったでしょうし・・・・。

でも、こうやって数字で見て取れるのは画期的ですよね!







◯Vectra試運転もしてみました。・・・・。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ







スポンサーサイト

| APEX | 18:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイズアップ 1

ムコタマです。

しばらく更新が途絶えてまいました・・・

サイズアップ宣言をしてから発注まで時間がかかりましたがようやく新水槽の仕様が固まりました。

■水槽スペック
●水槽
 コットアップ a.m.p 1200 X 450 X 450
 給排水 13AX2 40A
 フランジあり
 ワームプロテクト有り
 スライドコーナーBOX(左側)
●サンプ
 塩ビ(ヤフオク)
 750 X 375 X 320
●揚水ポンプ
 Vectra L1
●水流ポンプ
 Vprtech MP40QD X 2
 MaxSpect GYRE 130F
●キャビネット
 ジェーナス  1200 X 450 X 800
 前面支柱なし、内外フルメラミン張り、配線コード用の穴2個
●クーラー
 ZRW-400

モノはいくつかそろい始めています。
IMG_1701_R.jpg
IMG_1710_R.jpg
IMG_1713_R.jpg

今回は、周りに散らかしているアクア用品を全てキャビネットにしまうのが条件なので、キャビ内はパンパンになりそうな予感です。 汗



水槽やキャビは決めましたが、問題は照明です。
コレはホント悩ましい w

RadionかSP2000かの二者択一ですが、合わせ技も良いかな?とか・・・・。
まだ、SP2000は未発売なので、立ち上げまでに間に合ってくれたらなぁと思います。


◯FMM試験運転したので後ほど・・・・。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ

| 海水魚用水槽立ち上げ | 22:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。