さいたまの海

さいたまに海を作るべく立ち上げました。 試行錯誤の毎日です。

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Vectra L1 (レビュー)

ムコタマです。

EcoTech MarineのVectra L1を入手したのでレビューしたいと思います。





Vectra L1 スペック2017.04
先ずは基本スペックを。
・サイズ  114X177X165mm
・最大揚程 6.5m
・最高出力 11300リットル/h
・消費電力  130W


参考に各社のメジャーどころとの比較です。
やはりEcotech Marineのフラグシップモデルだけあって、他者以上の性能値を叩き出していますね。


使用する上で必要なスペックは、公表されているスペックで比較できると思いますが、公表されていない音やトルクはどうなんでしょうかねぇ・・・・。

メーカーが示しているスペックは実運用環境と違っていたりするでしょうから、模擬配管を使用して性能比較をいずれしてみたいと思います。


Vectra L1 開封の儀2017.04
開封してみました。




今回はサイズアップと重なったので性能値が高くて静かなポンプを探していました。

少し前にmjnekoさん宅にスイハイに行った時、Vectraを使われていたので動作音がどれほどなのかは調査でき、想像以上に静かだっので一目惚れしましたが、やはり国内流通品はお高い・・・・。

いや、サポート代として考えれば高くもないのですが・・・・


丁度サイズアップを同じく検討されていたはなちゃんパパさんがe-bayで買われるとのことだったので、この波を逃すと買うのを躊躇するなと重い、便乗して私の分も購入してもらいました。

おかげさまで、送料税込3割引くらいで買えました!


Jebaoのポンプはモーターブロックとフェイスカバー部ははめ込み式でしたが、Vectraはボルト締めです。(おそらくチタン製)

ボルト締めするメリットを想像するとモーターブロックとの機密性をアップして少しでも吐出力を高めようとしているのでしょうか・・・・。
こういった細かいところにコストをかけているので、高品質+高プライスになるのもうなずけます。



フェイスカバーも巻き込んだ水を逃さず吐出するようになっています。




インペラーも特殊な形状をしています。
インペラーが巻き込んだ水をホイッスル状に開けられた穴から吐出されるように工夫されています。


拘って作られているのが、拙い知識でも想像できますね。


コレが今回のシステムの心臓部となるので頼もしい限りです。
願わくば日本流通品としたかったのですが予算のコトもあるし仕方ないですね。



吐出口や給水口はネジが切ってあるので市販品のパーツを組み付ける事ができます。

給水口に50Aのメスネジが切ってある排水ホースのソケットをつけてみました。



吐出口には40Aのメスネジが切ってあるJebao DCS-8000のユニオンをつけてみました。


規格が合えば組み付けることができるのでアイディア次第でいろんな活用ができると思います。



付属ているカップリングですが、吐出口だと1インチの塩ビ管が直接接着できまが、残念ながら日本で入手するのは難しいでしょう・・・・

しかし、1インチの外径とVP20継手の外径はほぼ同じなので下の写真のとおり強引に接着するコトも可能です。

これは1インチのユニオンにVP20エルボをつけようとしているところです。

ただし、自己責任となるので漏れても構わない場所や入念な通水実験を必ずやった方が良いかと思います。




◯配管を仮組してみました!・・・・。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ







スポンサーサイト

| APEX | 12:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。