FC2ブログ

さいたまの海

さいたまに海を作るべく立ち上げました。 試行錯誤の毎日です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

始動 Caリアクター計画 Phase4(APEX設定編)

ムコタマです。


いよいよ設置も完了したので、APEXで稼働制御しつつ、運用してみたいと思います。


◾︎始動! カルシウムリアクター 2016.12.10

設置が完了したカルシウムリアクター。

いよいよ稼働する時が来ました!


●STEP1
生産水のpH取得

pHプローブからAPEXがpHデータを取得できるように設定します。

モノは秋月電子通商のpHセンサーです。
BNCコネクタータイプなのでAPEXが備える入力端子に接続することが出来ます。

コレを今回増設したPM1モジュールに接続し、検体(リアクター)に設置します。

本家NeptunSystems謹製のpH probeを使う手もありますが、ソコはお財布と相談してください(^^;;



●STEP2
pHプローブのキャリブレーション

そのまま繋いでもそれらしい結果は出ると思いますが、より正確なpHを知りたいのならAPEX上でキャリブレーションする必要があります。

詳しくは、ココを見てください。
今回は、海水といえど弱酸性の値となるため、キャリブレーションは、pH4.0とpH7.0で行う必要があります。



●STEP3
電磁弁とリアクターの電源プラグをエナジーバーへ

リアクター内のpH値により電磁弁の開閉をコントロールする必要があるので、電磁弁のプラグをエナジーバーへ差し込み、Outletとして制御させます。

今回使用する電磁弁は通電されればゲージが開く仕様なので通電されなければCO2は供給されません。
設定方法は後ほど・・・・


リアクターは強制通水とはいえ、揚水ポンプが停止すれば当然負圧が働き空気を吸入しエア噛みが発生します。


空気を噛んでやったぜぃ~ワイルドだろ~


なんて言ったら、雑音に対して神経質な妻からミドボンが飛んで来ます・・・・。
流石にシャレにならない事態となるので、メインポンプ連動にする為にAPEXでコントロールすることにします。



●STEP4
CO2の添加をコントロール

途端にハードルが上がった気がしますがAPEXの設定はコツを掴んでしまうと然程敷居が高いものでは無くなります。

①増設したPM1モジュールに繋いだpH Probeを自分が分かりやすい名前に変更します。
今回はCAR_pHという名前で登録します。
※プローブ名の変更はAPEX Fusionのクラウドサービスではなく、ローカルネットワーク上で操作する、クラッシックページにて設定します。

②APEXFusionでプローブの取得値が確認できます。


③CO2電磁弁のアウトレット名変更

APEX Fusion上で電磁弁をOutletとして管理しますので、管理しやすい名前に変更します。
今回は、CO2_53と言うアウトレット名とします。

④電磁弁開閉のプログラム
APEX Fusion上で、アウトレットプログラムを変更します。
設定画面を開き、Advance設定でプログラムを書き込みます。

ムコタマのプログラムは、以下のとおり。
Fallback OFF
Set OFF
If CaR_pH < 6.20 Then OFF
If CaR_pH > 6.80 Then ON
Defer 005:00 Then OFF
If FeedA 003 Then OFF
If FeedB 060 Then OFF
If FeedC 180 Then OFF
If FeedD 360 Then OFF


設定内容をAPEXプログラムで書くと分かりにくいと思うので日本語で書くと・・・・
不測の事態ではオフ
初期設定はオフ
pHが6.20より小さいと電磁弁がオフ(閉じる)
pHが6.80を超えると電磁弁がオン(開く)
オフにするには5分経過したのち
FeedAが解除されても3分停止
FeedBが解除されても60分停止
FeedCが解除されても180分停止
FeedDが解除されても360分停止

となります。

⑤カルシウムリアクターのアウトレット名を変更

APEX Fusion上でカルシウムリアクターをOutletとして管理しますので、管理しやすい名前に変更します。
今回は、CAR_67言うアウトレット名とします。

⑥カルシウムリアクターのポンププログラム
APEX Fusion上で、アウトレットプログラムを変更します。
設定画面を開き、Advance設定でプログラムを書き込みます。

ムコタマのプログラムは、以下のとおり。

Fallback OFF
Set ON
If FeedA 001 Then OFF
If FeedB 060 Then OFF
If FeedC 180 Then OFF
If FeedD 360 Then OFF


設定内容をAPEXプログラムで書くと分かりにくいと思うので日本語で書くと・・・・
不測の事態ではオフ
初期設定はオン
FeedAが解除されても3分停止
FeedBが解除されても60分停止
FeedCが解除されても180分停止
FeedDが解除されても360分停止

となります。



おさらいですが、これまでのSTEPでできる様なったことは以下のとおり
・揚水ポンプと連動したカルシウムリアクターの稼働
・カルシウムリアクター内のpHに応じた、CO2添加
・カルシウムリアクターのpHのグラフ化
・電磁弁のオンオフ状況のグラフ化


コレを1つの表にまとめたのが上のスクショです。

CO2の電磁弁が開くと徐々にリアクター内のpHが下がり、pHが下限値を下回ると電磁弁が閉じ、リアクター内のpHは上昇していくのがわかると思います。


当然、CO2の添加スピードや給排水量の絞り加減でグラフは様変わりします。

例えば、CO2の添加スピードを早めれば電磁弁が開いた後のpH下降角度は鋭角になります。
逆に緩めるとゆっくり下降していきます。

給排水を早めれば、pHはゆっくり下降し、
逆に絞ると、鋭角に下降していきます。



この辺は、試行錯誤でベストポジションを探すしか無いと思います。
その為には、連日KHやCaの値をチェックし続ける必要があります。


ムコタマに出来るだろうか・・・・( ; ; )



◯ベスト設定が出来たら続きはアップします・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


関連記事

| 水槽外いじり | 00:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>妻からミドボンが飛んで来ます

おっ、奥様からミドボン、、、いや、どのご家庭もご家族の協力が必要なのは分かりますが、まさかのミドボン爆弾が飛んでくるとは。。。

ぜったい骨折しますって。。。ってか死亡するかも。。。

全ての設定がつつがなく完了することを心より祈念しております。

| はなちゃんパパ | 2016/12/16 07:21 | URL |

Re:

to はなちゃんパパさん

おはようございます!


>おっ、奥様からミドボン、、、いや、どのご家庭もご家族の協力が必要なのは分かりますが、まさかのミドボン爆弾が飛んでくるとは。。。

えぇ、容姿が爆弾に酷似しているミドポン。
我が家の最終兵器にならない様に気をつけます( ; ; )


>ぜったい骨折しますって。。。ってか死亡するかも。。。

それか、水槽でミドポンが沐浴しているかも・・・・
こうなったら、闇金並みの仕打ちですが:(;゙゚'ω゚'):


>全ての設定がつつがなく完了することを心より祈念しております。

後は給排水の絞りと、セカンドリアクターのpHしきい値だけですからね〜
指テクのみの作業なんでなんとかチミチミとやっていきます。

| ムコタマ | 2016/12/16 07:50 | URL |

おはようございます^^

Apexの分かりやすい説明しかも今回は日本語翻訳付きですね

しかしピンクのCaリアクター初めて見ました製作者いいセンスしてますね。。。

Caリアクター設置後、KHの急上昇に注意した方がいいかもです。うちは前一瞬でKH16とか有り得ない数値を叩き出した記憶が残っています。。。

あとミドボンにも注意してくださいw

| Yusuke | 2016/12/18 07:36 | URL |

Re:

to Yusukeさん

おはようございます!


>Apexの分かりやすい説明しかも今回は日本語翻訳付きですね

いや、もうちっとセンス良く書きたいんですが、なんともね・・・・
ブログだとイマイチHtmlを書くのが億劫で・・・・


>しかしピンクのCaリアクター初めて見ました製作者いいセンスしてますね。。。

えぇ、林家ペーを崇拝してるのか?
ホント、一般人じゃ到達できない域に達してらっしゃいますよね。


>Caリアクター設置後、KHの急上昇に注意した方がいいかもです。うちは前一瞬でKH16とか有り得ない数値を叩き出した記憶が残っています。。。

はなちゃんパパさんもそれを心配下さってますが、今のところ無事です(^^;;
珍しく控えめにやってるので慣れた頃が怖いかもですね( ; ; )


>あとミドボンにも注意してくださいw

お?、何かミドポンに脅威でも?
あっ、今のところ宙を舞う様な事態には陥っていません(*´∇`*)

| ムコタマ | 2016/12/19 07:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mukotama.blog.fc2.com/tb.php/286-80dd6c64

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。