FC2ブログ

さいたまの海

さいたまに海を作るべく立ち上げました。 試行錯誤の毎日です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リフジウム復活。

ムコタマです。

タイトルどおりリフジウムを復活させようと思います。
あっ・・・・
ブログも久々に復活かも 汗



◾︎リフジウムの遍歴

●小型水槽でのリフジウム

 金魚セットの水槽Mサイズだったかな、コレにタカノハヅタをメインとしたリフジウムを構築していました。
 ですが・・・・
 一気に溶け出したと言う苦い思い出が・・・・


●サンプ内でリフジウム

コレはコレで調子が良かったのですが、苔が酷くなったのと、サンプとスキマーに石灰藻が付き出したのでサンプの取り替えに併せて撤去していました。


リフジウムをしている時は実感なかったですが、やはり栄養塩の吸収に効果はありますね。
やめてからというものの、リン酸塩濃度の下げ止まりに直面しました。

吸着剤も試しましたが、やはりそれでも取り切れないほどって・・・・。




リフジウムの選択

リビングの少ないアクアエリア内で何とかしたいなと考え付いたのがコレ。
◾︎リフジウムリアクター

使用していないマルチメディアリアクターにLEDテープを巻きつけるリフジウムリアクターです。
MACNAでも試作品が取り上げられているし、アメリカのアクアリストさんも自作されている様です。


◾︎連結リフジウム水槽

貯水タンクを排してリフジウム水槽にするのもありかな?
でも、給水は良いとして、排水するための穴あけが必要なことと、連結水槽の真裏にあるのでメンテに支障が出そうです。


◾︎ウールボックス改造リフジウム

写真はReeferの給水タンクをリフジウム化したものです。
設置も楽だし何とかなるかな?
ただ、圧倒的に水量が少ないので効果が感じ取れるかが微妙ですが・・・・



リフジウム設置 2017.1.28
リフジウムの設置方式について、イロイロ悩みましたが、リアクター形式だとメンテの度にリアクター内の給排水用の配管が新たに必要な事と新たに設置スペースを確保しなくてはいけないので却下・・・・。

給水タンクのリフジウム化はメンテに難があるのと穴あけが面倒で・・・・


となるとウールボックス改造リフジウムしか選択肢が無いという・・・・。

で、用意したのがコレ。

奥行き30センチほどのウールボックスとコンパクトマリン600、12/16ミリのホース。

コレをサンプの落水エリア上部に乗せてしまうことに。

ガラスの高さと間仕切りの高さに差はないので乗せても平気だと思います。


バッチリでした!



13Aの塩ビ管は18/22のホースだと外側に差し込めますが、12/16ホースだとムリです。
コンパクトマリン600の吐口の口径は12ミリなので、力技。
塩ビ管に差し込むコトに。

まぁ、キツキツだし抜けたとしても大惨事にはならないしコレで良しとします。



光の漏れを最小限にしたいので、バックフイルムのカッティングシートをウールボックス前面だけ残し、背面も含め貼ってみました。
コレで、サンプに石灰藻がつかなくなるかな?

試運転してみましたが、コンパクトマリンの動作音もウールボックス自体が蓋となる為殆どしません。
ウールボックスの落水が、水位より上部にある為、多少落水音は増えたのと、落水時の気泡をコンパクトマリンが吸い込んでごく少数のエア噛みが発生するくらいです。

上々かな? 後は何を入れるかで悩みましたが、定番中の定番。
ホソジュズモで行くことにします!



100gは多かったかな?


一先ず、こんな感じでリフジウムを復活させてみました!




◯リフジウムの効果は後ほど・・・・・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ


 
関連記事

| 水槽内いじり | 09:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いやぁ~ウチでもムコタマ隊長に教わったホソジュズモ大活躍ですわ。いつの間にかモリモリ成長してるし、頼もしいやつですね♪

| はなちゃんパパ | 2017/02/06 20:50 | URL |

Re:

to はなちゃんパパさん

こんばんは!

>いやぁ~ウチでもムコタマ隊長に教わったホソジュズモ大活躍ですわ。いつの間にかモリモリ成長してるし、頼もしいやつですね♪


ですよね〜
ジャンジャンバリバリ不要な栄養塩を吸い取ってもらいたいですね。


今度こそ長続きすれば良いなと。

| ムコタマ | 2017/02/06 22:51 | URL |

ムコタマさん、こんばんわ^^
リフジウム復活されましたかー。

ホソジュズモはちゃんと
リン酸塩を吸着していたんですね。

私も作りたいですが、スペースが・・・(汗

将来ウールボックスを撤去することにしたときには
家もこうしようかなぁ?

| まき | 2017/02/07 23:18 | URL |

Re:

to まきさん

おはようございます!


>リフジウム復活されましたかー。

今度はタンク内に流入が無ければいいなぁと思いつつのスタートです。
水量がもう少し欲しいところなんで別の方法が思いつけばまたやり方を変えてみようかなと思います。


>ホソジュズモはちゃんと
>リン酸塩を吸着していたんですね。

バッチリと!
硝酸塩も吸収しているのでいい感じですよ〜
これで、AZ-NO3の添加を辞められそうです。


>私も作りたいですが、スペースが・・・(汗

もう1つのタンクをOF化して連結水槽共用サンプを設置すれば解決です w
クーラーも一台で済むしオススメですよ〜


>将来ウールボックスを撤去することにしたときには
>家もこうしようかなぁ?

リアクタータイプもメンテが苦じゃ無ければ良いかもですよ?
LSSさんが出しそうな感じですけどどうなんだろ?

| ムコタマ | 2017/02/08 07:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mukotama.blog.fc2.com/tb.php/313-7e26d8a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。