さいたまの海

さいたまに海を作るべく立ち上げました。 試行錯誤の毎日です。

≫ EDIT

Vectra L1 (レビュー)

ムコタマです。

EcoTech MarineのVectra L1を入手したのでレビューしたいと思います。





Vectra L1 スペック2017.04
先ずは基本スペックを。
・サイズ  114X177X165mm
・最大揚程 6.5m
・最高出力 11300リットル/h
・消費電力  130W


参考に各社のメジャーどころとの比較です。
やはりEcotech Marineのフラグシップモデルだけあって、他者以上の性能値を叩き出していますね。


使用する上で必要なスペックは、公表されているスペックで比較できると思いますが、公表されていない音やトルクはどうなんでしょうかねぇ・・・・。

メーカーが示しているスペックは実運用環境と違っていたりするでしょうから、模擬配管を使用して性能比較をいずれしてみたいと思います。


Vectra L1 開封の儀2017.04
開封してみました。




今回はサイズアップと重なったので性能値が高くて静かなポンプを探していました。

少し前にmjnekoさん宅にスイハイに行った時、Vectraを使われていたので動作音がどれほどなのかは調査でき、想像以上に静かだっので一目惚れしましたが、やはり国内流通品はお高い・・・・。

いや、サポート代として考えれば高くもないのですが・・・・


丁度サイズアップを同じく検討されていたはなちゃんパパさんがe-bayで買われるとのことだったので、この波を逃すと買うのを躊躇するなと重い、便乗して私の分も購入してもらいました。

おかげさまで、送料税込3割引くらいで買えました!


Jebaoのポンプはモーターブロックとフェイスカバー部ははめ込み式でしたが、Vectraはボルト締めです。(おそらくチタン製)

ボルト締めするメリットを想像するとモーターブロックとの機密性をアップして少しでも吐出力を高めようとしているのでしょうか・・・・。
こういった細かいところにコストをかけているので、高品質+高プライスになるのもうなずけます。



フェイスカバーも巻き込んだ水を逃さず吐出するようになっています。




インペラーも特殊な形状をしています。
インペラーが巻き込んだ水をホイッスル状に開けられた穴から吐出されるように工夫されています。


拘って作られているのが、拙い知識でも想像できますね。


コレが今回のシステムの心臓部となるので頼もしい限りです。
願わくば日本流通品としたかったのですが予算のコトもあるし仕方ないですね。



吐出口や給水口はネジが切ってあるので市販品のパーツを組み付ける事ができます。

給水口に50Aのメスネジが切ってある排水ホースのソケットをつけてみました。



吐出口には40Aのメスネジが切ってあるJebao DCS-8000のユニオンをつけてみました。


規格が合えば組み付けることができるのでアイディア次第でいろんな活用ができると思います。



付属ているカップリングですが、吐出口だと1インチの塩ビ管が直接接着できまが、残念ながら日本で入手するのは難しいでしょう・・・・

しかし、1インチの外径とVP20継手の外径はほぼ同じなので下の写真のとおり強引に接着するコトも可能です。

これは1インチのユニオンにVP20エルボをつけようとしているところです。

ただし、自己責任となるので漏れても構わない場所や入念な通水実験を必ずやった方が良いかと思います。




◯配管を仮組してみました!・・・・。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ







| APEX | 12:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FMM(流量計センサー)

ムコタマです。


サイズアップ記事も目立った進捗はないので、入手済みの流量計について。


■FMM 2017.04.16
以前記事にしたとおり、APEXの拡張モジュールであるFMMをゲトしております。

おさらいの意味でもう一度簡単にFMMを説明すると、APEXの拡張モジュールとして機能し、流量計センサー、水漏れセンサー、光学式水位センサーを繋ぐ事が出来ます。
さらにAC端子に24VACアダブターを繋ぐと、電磁弁や小型ポンプを接続する事が出来ます。


今回は流量計センサーを試験的に取り付けたので記事にしたいと思います。


■FMM (水量センサー)2017.04.16
モノはこんな感じ。

今回は水量センサーキットを買ったので、1インチタイプのセンサーと1/2インチタイプのセンサー2つがセットなっています。

日本の塩ビ管に置き換えると、13Aタイプと25Aタイプになるのかな。
勿論規格が違うので日本の塩ビ管はそのままつける事が出来ません。

なので、CORENTEのユニオンを流用して接続するか、口径にあった水栓ソケットを使用することになります。
1/2インチは13Aないし、16Aの水栓ソケットが、1インチは25Aの水栓ソケットがピッタリ合います。

海外のフォーラムでは水漏れ報告が出ているのでシールテープは必須になります。


今回は仮組なので、そこまで丁寧にはやらずただ差し込んだだけのテストです。


ちゃちゃっと組んでみました。

オール13A環境で、揚水ポンプは庶民の味方JebaoのDC1000、
果たしてどんな結果になることやら・・・・。




いざ、スイッチオン!



あれれれ?
揚程40センチもないのに毎時533リットル??
嘘でしょ?
計測した数値が正しければ、単純な配管でも半分くらいのスペックです。

Jebaoが非力なのかセンサー部分でのロスが大きのかは定かではありません。
また、Uの字に曲げた配管も抵抗が大きくなったでしょうし・・・・。

でも、こうやって数字で見て取れるのは画期的ですよね!







◯Vectra試運転もしてみました。・・・・。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ







| APEX | 18:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイズアップ 1

ムコタマです。

しばらく更新が途絶えてまいました・・・

サイズアップ宣言をしてから発注まで時間がかかりましたがようやく新水槽の仕様が固まりました。

■水槽スペック
●水槽
 コットアップ a.m.p 1200 X 450 X 450
 給排水 13AX2 40A
 フランジあり
 ワームプロテクト有り
 スライドコーナーBOX(左側)
●サンプ
 塩ビ(ヤフオク)
 750 X 375 X 320
●揚水ポンプ
 Vectra L1
●水流ポンプ
 Vprtech MP40QD X 2
 MaxSpect GYRE 130F
●キャビネット
 ジェーナス  1200 X 450 X 800
 前面支柱なし、内外フルメラミン張り、配線コード用の穴2個
●クーラー
 ZRW-400

モノはいくつかそろい始めています。
IMG_1701_R.jpg
IMG_1710_R.jpg
IMG_1713_R.jpg

今回は、周りに散らかしているアクア用品を全てキャビネットにしまうのが条件なので、キャビ内はパンパンになりそうな予感です。 汗



水槽やキャビは決めましたが、問題は照明です。
コレはホント悩ましい w

RadionかSP2000かの二者択一ですが、合わせ技も良いかな?とか・・・・。
まだ、SP2000は未発売なので、立ち上げまでに間に合ってくれたらなぁと思います。


◯FMM試験運転したので後ほど・・・・。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ

| 海水魚用水槽立ち上げ | 22:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況 2017.03

ムコタマです。

最近、FBに慣れちゃったせいか、blogを持って描くのがどうも億劫で・・・・汗



サンゴとの調子は好調?を維持しているようなのでアレコレと考えずに維持できるのは良いんですけど、例のサイズアップ計画も徐々に進み出してそっちの悩みが増えてきています。

◾︎近況 2017.03

フラグ三兄弟。


どにゃさんから頂いたスギ?

他の個体も含め順ちょ・・・・



!!!
ショウガ根元が白っぽいような・・・・汗

なんとか持ちこたえてくれると良いんですが・・・・


◾︎サイズアッブ 2017.03
コレも段々仕様が固まってきました。

◯タンク
 a.m.p 1200 X 450 X 450 スライドコーナー
 10mm厚 排水50 給水16X2
◯揚水ポンプ
 Vectra L1
◯水流ポンプ
 Vortech MP40QD X 2
◯照明
 Radion XR30 Pro Gen4 X 2

ココまではほぼ確定しました。
というか、Ecotech信者っぽい構成・・・・。


あとは、照明架台やサンプ、キャビネットでアレコレ悩む感じですかね・・・・。


クーラーもZRW400にしないと間に合わないのかな?
ZC700では無謀ですかねぇ?


◯タイミングよくzRW中古で出ないかな w


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ







| 生体観察 | 08:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

床の耐荷重補強工事

ムコタマです。

この週末、水槽のサイズアップを視野に入れた床の耐荷重の底上げをやってみました。


◾︎補強プラン
出来れば1度床下に潜って現状を抑える必要があると思います。(写真は調査のために潜っときのもの)

何せ、初めての経験(2度とやりたくないっ)ですから、現状を知らないと床下で途方にくれます。
調査の結果、ムコタマの家は90センチ間隔で束が設置されていることを確認しました。
コレを30センチ間隔にすることで、対荷重を上げようと言う魂胆です。

詳しい事はわからないですが、みた感じ、床は大きなは土台にハシゴ状に張りを這わせてその上にコンパネ、床仕上げと載せていきます。
今回は、大きな土台に束を増設。
張りにも束を増設。
そして新たに建材を追加して、張りを増やした上で束で補強することにしました。

※建材を追加したイメージ



◾︎用意したもの 2017.03



・鋼鉄製の束(10本)
・2X4の建材(80センチ)
・2X4の建材(35.5センチ)を数本
・束用接着剤
・断熱材(35.5センチ角)
・電動ドリル
・断熱材の止め金具
・止め金具用のビス
・電源延長ケーブル
・ヘッドライト(頭に付けるやつ)
・軍手
・レーザー式メジャー
・プライヤー

これらを高さ40センチ程の床下を潜りつつ、持っていくのだから忘れ物があっては一大事。
準備は万全に忘れ物がないか確認をすることをらお勧めします。
(やる人いないだろうだろうけど)



補強作業2817.03.20
いざ出陣!


いや、マジ狭い這って行ってもこれだけの大荷物を持って行くのがのシンドイです。
結局2往復くらいしたかな?
わずか数メートルですが、果てしなく遠く感じました。
それと、ヘッドライト。
買っておいて大正解でした。
ランタンを持っていきましたが両手を使って這って行くので頭のライトは必須ですね。


仮組み途中で撮影してみました。

今回は、後々この補強が悪影響となった場合、容易に取り外せるように木ネジで固定はしませんでした。
既存の構造物は束でジャッキアップのように補強すれば良いだけですが、新たに設置する建材は床下地⇨建材⇨束とすれば、固定さなくても束が支えてくれるので。

2時ほど孤独と戦いながら黙々と作業。

補強したい箇所がまだありますが、今回はコレでギブアップ 💦


でも、これで1200X600X600以上の水槽を載せて大丈夫♪


補強をやってみて
床下はホント大きさの間隔が掴みにくいので、レーザー式のメジャーは必須です。
それと、ムコタマの家のようにベタ基礎出ないと、地固めや束石を置かないとダメなので、素人作業じゃ効果は出ないかもしれません。
また、束は張りすぎても張らなさ過ぎてもダメなので良い具合に。
出ないと、床が傾きます!
なので、施工後に床の傾きが無いか確認することが必要です。

今回は1諭吉程度で出来ましたが、補強を検討される方が居たら、1度は工務店さんに相談してみることをお勧めします。
大差がないようだったら任せた方が安心です。
それと、翌日以降体が機能しなくなりますよ~
狭いスペースで力のいる作業をしたので身体中痛いです 涙


◯ちなみにムコタマは建築屋さんではありません w


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ










| 水槽外いじり | 08:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT