さいたまの海

さいたまに海を作るべく立ち上げました。 試行錯誤の毎日です。

≫ EDIT

サイズアップ

ムコタマです。


まぁ、こうなるだろうなぁと思っていたこと。

サイズアップの検討をしはじめました。


リーフキープにおいて、やはり大は正義です。
それゆえ、許す限りサンプは大きめにしたり、30ハイキューブを連結したりで、水量だけはなんとか90規格級まで確保しています。


でも、サンゴの設置スペースや魚の遊泳スペースはどうにもなりませんよね。

個体を選んでチョイスすれば回避できますが、やはり趣味となると妥協はストレスとなり、アクアテンションも下がります。
仕事ならイヤイヤでもしないわけにはいかないのできちんとしますけどね・・・・

というわけで、遅かれ早かれ実施するであろうサイズアップをここに宣言します!
華々しく散るかもですが


◾︎拘るポイント
リビングに設置することとなるので、私の独りよがりでサイズや設置場所、キャビの形や色までも決めるわけにはいきません。
当然、家族の理解や協力があってこそ成就することと思っていますが、先ず自分の拘り部分を纏めたいと思います。


水槽
・サイズ 1200X450X450~ 1200X500x500
・ガラス厚 10~12mm
・排水 VU40とVP30
・給水 VP16 X2
・コーナーボックス
・フランジ有り
・ワームプロテクト
・前面高透過ガラス
・ガラス蓋(5mm)
水槽はコットアップさんプレコさんマーフィードさんあたりと相談かな~
シーホースも気になりますが、お値段が想像つかない・・・・


キャビネット
・木目調
・水槽底面の沈み込み有り(3センチ程)無くても可
・前面支柱なし
・キャビ内メラミン若しくはニス等により防滴仕様
・背面は開口部なし
キャビネットはコトブキさんやGEXさんが出されているような水槽台では要求を満たす物が無いかも・・・・。
そうなると、至高のジューナスさんかなぁ
何処かお安めのところご存知なら教えてください!


ポイント
・地震対策と漏れ対策、防音をしたい。
・無謀かもしれませんが、排水40をREEFERチックにバルブで排水量調整したい。(無謀かもしれませんが・・・・)

まんま、理想はREEFER350ですよね 汗

でも、サンプや配管は拘りたいな~
と思うと、もはや規格品には無いので特注ということになります。
予算は青天井じゃ無いのでベストな選択を余儀なくされるでしょうが w


◾︎追加で必要にる物
水槽とキャビについては拘りを書きましたが、必然的に買い替えや投資が必要なものは・・・・


濾過層
・塩ビ750X400X350以上(アクリル、ガラス可)

照明
・新型KR若しくはRadion2灯(不足分は手持ち)

クーラー
・ZRW-400

ライトリフト
・B-BOXライトリフト

このくらいかな? 揚水ポンプや水流ポンプは手持ちで間に合いそうです。

オーダー水槽となるようだったら、海外のアクアリストが使用しているような派手な色の塩ビ管で配管したいなぁ~。



と、夢ばかり語れないので、地に足をつけてしっかり前進あるのみですよね!





◯現実に目を向けなきゃ・・・・
 Tritonの結果が出ました!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ












| 水槽外いじり | 00:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Cafe de Roseさん

ムコタマです。

先週金曜日に、日本のリーフキーパーなら誰でも1度は行きたいと思うだろう、Cafe de Roseさんに行って来ました!


平日の開店直後だけあって独占できました w

◾︎Cafe de Roseさん 2017.3.10
多くを語る必要がないので、絶景だけをお伝えしますね!








まだまだ、撮り溜めは有りますけど、お店でご確認ください♪

ホント、圧倒されますよ!


◯我が水槽の飼育水もTritonに出したけど・・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ

| 生体観察 | 07:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況(2017.02)

ムコタマです。

最近、めっきり更新回数が減ったような・・・・


というわけで、シューイチくらいは更新しようと思いますけど、投稿が面倒になってきて・・・・汗



◾︎サンゴ達






◾︎APEXの追加モジュール
こんなの買ってみました・・・・
まだ、海の向こうですが w





◯最近はFBに出没してます・・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ




| 水槽内いじり | 07:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レイアウト変更とアカネハナゴイ

ムコタマです。

更新が途絶えましが、イロイロやってます。

Vortechのポンプレビューは時間が出来た時に、APEXとの連動と併せてやりたいと思います。


◾︎レイアウト変更 2017.2.19
デバスズメ、ハタタテハゼ✖️2、カクレクマノミと立て続けに堕としたので水槽大半の水換えと底砂を少量抜きました。

ついでに懸念だったスカスカ感を少しでも無くすためにレイアウト変更を・・・・


ビフォー


アフター

左側が傾いちゃってる! 汗

手持ちのライブロックに穴あけ加工して、ナンチャッテコーラルブリードロックを追加しました。



真ん中の写真のようなリーマーがあると作業が捗ります。

テキトーにら穴あけしたところで、土台になりそうなライブロックをイョイスして追加しました。

しかし、穴あけ加工も寒空の下、急いでやったので穴が若干大きすぎた・・・・



◾︎配置転換 2017.2.19
ナンヨウハギ→60ワイド
カクレクマノミ→60ワイド
ブラックオセラリス→30センチハイキューブ
パウダーブルータン→30センチハイキューブ
バイカラードッティバック→30センチハイキューブ
こんな感じで配置転換しました。

30センチハイキューブにナンヨウハギはちょっと無理が生じてきたのと、新入りを虐めまくる、バイカラードッティバック&パウダーブルータンを隔離した感じになりました。


やはり、カクレクマノミとナンヨウハギはセットですよね?
ということで、ブラックオセラリスとカクレクマノミも入れ替えました。



◾︎アカネハナゴイの追加 2017.2.19
60ワイドに華を添えようと、アカネハナゴイを入海にさせました。

極近のアクアライズさんでは、インドキンギョハナダイも居て悩みましたが、粒餌の食いがよかったアカネハナゴイをチョイス。



華があるし、群れてくれる魚は良いですね~

心配だった入海による拒食ですが、元気に粒餌を食べたので一安心です。



◯サイズアップしたいなぁ・・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ





| 生体追加 | 08:11 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Vortech MP40WQD

ムコタマです。

環境改善として第二弾を敢行しました。


◾︎逝ってしまった Tunze 60402017.02.11
Tunze 6040が壊れてから早3ヶ月・・・・
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TUNZE Nanostream ( ナノストリーム ) 6040
価格:26040円(税込、送料別) (2017/2/20時点)



今でも値段的にはパフォーマンスか高いポンプだなと思います。
力強い水流、強弱のみならずその強弱シフトタイミングまでコントロール可能なポンプって少ないですよね?
華奢な感じな筐体ですが水流の力強さはこの価格帯の他の商品と比べ群を抜いた良いポンプだと思います。

オマケに拡張端子もあっても、Tunzeからリリースされている同社製品との連動機能付きコントローラーとも接続できますし、APEXからのコントロールも可能です。


でも、それがわずか一年ちょっとで壊れてしまったのはかなりダメージが・・・・

オマケにこの商品はコントローラー一体型ポンプなので、修理に出してもインペラーとACアダプタ以外全取り換えって・・・・。

気になる修理代をショップへ聞いたらほぼ新品と同じ額ですね・・・・と、申し訳なさそうに。


仕方なく、暫くはJebaoのRW-4で代用していましたが、流石に荷が重い感じで、Tunze 6040のような太く力強い水流は起こせませんでしてた。

騙し騙し使っていましたが、ストロベリーショートケーキやハイマツのポリプも衰退しているような感じで、ゆっさんゆっさん揺れる感じが全くなくなりました。

流石にこのままじゃいかんだろうと、修理するにしても元値と変わらないならTunze6040を買い直すかな?と、半ば諦めていましたがはなちゃんパパさんが最近VortechのQD買ったどー
という記事を見かけ急遽路線変更を検討しました。



◾︎水流ポンプの選択
Vortechは良いポンプという事は言うに及ばず。
ですが、最大の欠点といえばお値段ですよね。

小市民としてはJebaoポンプの4~5倍するポンプを簡単にチョイスすることは出来ません。

そこで、Vortechのデメリを
◯メリット
 モーターブロックが外置きなのでタンク内で場所を取らない
 モーターブロックが外置きなので熱源とならない
 LSSさん卸なら保守パーツ入手が容易
 多彩な水流プログラム
 APEX(要WXM)で制御可能
 激美なコントローラーは所有欲を満たせる
 中古として売却してもソコソコな値段が付く
 電源コードがタンク内に無いので見た目がスッキリ
◯デメリット
 高い!
 ガラス面に対して垂直にしか水流を起こせない

デメリットというか、致命的な弱点ですね。
でも、それさえ飲み込めばメリットはかなりあります。


今まではこのデメリットが飲み込めないのでJebaoにしていたのですが、サンゴの調子も上がってこないので・・・・。

Tunze6040を買い直す手もありましたが、せっかくの機会なのでVortechに決めました!



続いての検討がどのサイズにするか?です。

Ecotech Marineからは3サイズリリースされています。
ムコタマのような60ワイド水槽であればMP10で問題ありませんが、将来的にはサイズアップしたいことと、小さいポンプのフル稼働より大きなポンプの低速稼働の方がノイズを抑えることが出来そうなのと、パーツに負担がかかりにくいと判断し、MP40を選択しました。

アクアリウムを数年やって身に染みたことは、大こそ正義ということ。
余裕を持った使い方が商品寿命を伸ばしますからね~
タンクの維持も楽ですしね。
 


次は何処から買う?
ですが、最寄りのショップでは在庫していないので、B八さんあたりで買うかな~
と、思っていましたが、チャームの底力が侮れないことに・・・・。


税込送料込みでこの価格!
しかも楽天経由であればポイント付きです。

楽天も含めネットのショップではポイント分を売価に乗せていることが殆どですが、この商品だけは本店と同じ売価でポイント付きです。

最安値の上にポイント付きとはチャームさん太っ腹・・・・。

有り難く利用させてもらいました!


Vortech MP40WQD

という訳でゲト。




さすがEcotech Marine。Jebao製品とは比べ物にならないパッケージですね。
開封しただけでポルテージが上がりますね。


◯設置や設定は後ほど・・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


海水魚 ブログランキングへ







| お買い物 | 08:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT